【ディケイド 腐敗する者たち】死体と暮らす精神を病んだ男の日常【映画感想】

スポンサーリンク
Amazonプライムビデオ『 ディケイド 腐敗する者たち』より 映画
Amazonプライムビデオ『 ディケイド 腐敗する者たち』より

どうも、ハルです。

今回は、サイコホラー映画『ディケイド 腐敗する者たち』 について感想を書きます。

作品情報

Amazonプライムビデオ『 ディケイド 腐敗する者たち』より
Amazonプライムビデオ『 ディケイド 腐敗する者たち』より
制作年
2015年
上映時間
98分
監督
ジョセフ・ワートナーチェイニー
キャスト
ロブ・ザブレッキー
リサ・ハワード
エリシャ・ヤッフェ
ジャッキー・ホフマン
シャノン・ダン
Decay - Trailer
YouTubeより

あらすじ

遊園地の管理人として働く孤独な中年男ジョナサンの家に、ある日、2人のコソ泥少女たちが盗みに入る。

帰宅したジョナサンに出くわし驚いた少女は脚立から落ちて転落死。

もう一人も家から飛び出し車にはねられ死亡してしまう。

ジョナサンは転落死した少女を自宅に置いたまま一緒に暮らし始める。

Amazonプライムビデオ『 ディケイド 腐敗する者たち』参考

感想・レビュー

自宅で転落死した少女の死体と暮らす精神を病んだ中年男の姿を描くサイコホラー。

病的に潔癖症の母親に虐待されて育ち自身も極度の潔癖症となってしまったジョナサンが、日に日に腐敗していく死体を見て徐々に狂っていく姿が描かれています。

特に盛り上がることもなく淡々と物語が進んでいくので映画にエンタメ性を求める人には向かないと思います。

作品の面白さというよりは映像美を追求した芸術面に特化した作品だと感じました。

小難しいストーリーなので、あれこれ考察しながら見るとより楽しめるかも。

腐敗した死体から蛆虫やらゴキブリやらが出てくるのでそういうのが苦手な人は注意です。

個人評価は2.0

こんな人におすすめ
映像美重視の方
・グロ耐性のある方
制作年:2015年 上映時間:98分 監督:ジョセフ・ワートナーチェイニー

タイトルとURLをコピーしました