【映画】伝染歌【感想・レビュー】

スポンサーリンク
映画『伝染歌』より 映画
映画『伝染歌』より

どうも、ハルです。

今回は和製ホラー映画『伝染歌』 について感想を書きます。

作品情報

『伝染歌』ポスターより
映画『伝染歌』ポスターより

公開
 2007年8月25日
上映時間
 128分
監督
 原田眞人
キャスト
 松田龍平
 大島優子
 秋元才加
 前田敦子
 小嶋陽菜
 堀部圭亮
 阿部寛
 伊勢谷友介

伝染歌(予告)
YouTube - 『YouTubeムービーチャンネル』より

あらすじ

青雲女学院のトライアスロン部に所属するあんず(大島優子)は、親友香奈(前田敦子)の自殺に遭遇する。

「お先に」といって目の前で自殺した香奈が直前まで口ずさんでいた歌が気になり、あんずはトライアスロン部の仲間達と共に自殺の謎を追い始める。

そのころ三流風俗雑誌「月刊MASAKA」の編集者・陸(松田龍平)は、歌えば死ぬという“伝染歌”の噂を耳にする。

ありふれた都市伝説にも思えるものだったが、その噂を追って香奈の告別式に向かった陸と先輩編集者の太一は、香奈の幼馴染・朱里(秋元才加)とあんず達と出会う。

あんず達は陸と太一を胡散臭がり立ち去るが、朱里は興味を覚えて取材に応じる。

香奈の恋人「コウジ」が自殺に関与していたと考えた陸達とあんず達は、期せずして同じ場所に集うことになる。

その夜、太一とあんずの仲間達は陸とあんず・朱里が合流する前に伝染歌を歌い、太一は警察署で、キリコ(小嶋陽菜)は担任教師と学校で、それぞれ自殺を遂げる。

危険を悟った陸は、あんず達を引き連れて幼い頃から知っている霊能者「エンマ」に助けを求めるべく実家へと向かい、取り残された朱里がその後を追う。

その頃、太一の自殺の余波で廃刊の危機に追い込まれた「月刊MASAKA」編集部は、全員で伝染歌を歌い、伝染歌のルーツを求めて動き出していた。

Wikipedia - 『伝染歌』より

感想・レビュー

AKBメンバー主演の歌うと死ぬといわれている都市伝説"伝染歌"をモチーフとした和製ホラー。

伝染歌を歌い自殺した親友の死の真相を暴こうとする女子高生たちの姿を描いています。

128分あるわりにはストーリーにまとまりはなく、意味のないシーンやセリフの聞き取りずらさが目立っていました

自殺シーンをほとんど映さず、それを見て悲鳴を上げて騒ぐ女子高生の姿を長く映していたので、恐怖シーンではなくアイドルの怖がる姿を視聴者に見せたいのかなって印象を受けました。

まったく怖さを感じない内容なので、ホラー好きではなくAKBファンに向けた映画だと思います。

個人評価は1.5

公開:2007年8月25日 上映時間:128分 監督:原田眞人
タイトルとURLをコピーしました